0868-28-3191
バイク
2020.02.24
MVアグスタ イタリア本社 訪問レポート①

Mottoに「Motorcycle Art」を掲げるイタリア二輪車メーカーMV Agusta

そのイタリア本社にて開催されるMVアグスタ正規販売店会議に出席するために5泊3日でイタリアはミラノ北西部にあるヴァレーゼへ行ってきました。

MVアグスタ本社の場所 イタリアのどのあたり?

 

日本を飛び立ってドイツはミュンヘン国際空港経由でイタリアはミラノ・マルペンサ国際空港へ。

飛行機でWineMaster2というビデオを5エピソード見た代表は、すっかりお土産にイタリアワインを買って帰ろうというモードに突入。

飛行機内で上映されていたワインに関するエピソード

愛車のバイクで登場するワイナリーオーナーも☆

そして映画メニューにあると必ずと言っていいほど見てしまう「Mission Impossible」シリーズを見て出発してから12時間後にミュンヘンに到着。

ドイツでのEU入国は非常にスムーズに進み、乗換ゲート近くのShopでベリーの一種である「Brombeeren」を購入し、日本にはない味を噛みしめ海外に来たことを実感するのでした。

ミュンヘン空港で購入したベリーの一種。3ユーロ弱でした。

ミラノ・マルペンサ国際空港の到着ロビーで、ユニークなシャトルバスチケットカウンターを発見。大人も子供もなんだか「ニコッ」となってチケットを買いに窓口まで行ってしまいそうな感じですよね☆

到着ロビーにあるバスのチケット販売カウンター☆

用意されたチャーターバスで、MVアグスタ本社に徒歩圏内にあるホテルへ移動したのですが長時間のフライトで疲れていたこともあり、すぐに寝てしまいバスの車窓から夜の景色を眺めることなくホテルへ到着。

空港からのチャーターバス

次の日の集合時間等を伝達され、各自カードキーを受け取り部屋へ。ホテルの部屋に置いてあったお菓子を食べて、シャワーを浴びて、ベッドへ。

 

2日目は時差ぼけもあり、現地時間の朝4時半に起床。窓の外はまだ暗いため、散歩に出かけることは諦め、朝食後に散歩を開始しホテル近くの公園へ。

MVアグスタ本社に徒歩圏内のホテル

朝8時位に湖畔から撮影した一枚

同じ時間帯ですが、公園内は霧がまだまだ立ち込めています

湖には、白鳥や鴨が…

1時間近く散歩すると手足が冷たくなっていたのでホテルでカブチーノを頂き、午前中に始まるMVアグスタ本社見学に向けて準備を整え、他の参加者の皆さんとロビーに集合。

MVアグスタ本社 ゲート入り口にあるサイン

受付にて氏名を記入して、いよいよ本社内へ。許可が出るところ以外は室内は撮影禁止。そのため、残念ながら工場内の画像はこの日は1枚もありません(大笑&大汗)

工場内に入り、担当者の方が説明を開始し始めて5分ほど経過したところに現社長が登場。背が高く、想像していたよりかなり若く(肌艶が!!)、目には意思の強さが感じられました。そんなことを考えているとなんとCEO自ら工場内を案内してくれるとのことで、ビックリしました!

工場見学の後は社員食堂にてランチ。3種類のメイン(パスタ等)、3種類のサイド(お肉など)から1品ずつ選び、サラダとパンは自由に、というスタイル。

昼食後に始まったディーラー会議は、CEOがこれからの5ヵ年計画を自ら語りかけてくれました。

その後、グローバルなサービス、マーケティングなど計画などに関して各部門の責任者がプレゼン。なんど2時間以上のみっちりのMeetingでした。

MVアグスタの社長。準備されていた壇上ではなくディラー達が椅子に座っているフロアに立ち、語り続けました。

Coffee Breakの後には、MVアグスタジャパンとのミーティング。

ディラーミーテイングが終わったのはなんと…19時前。最後のほうには少々頭がパンクしそうになっておりましたが(汗)、ジャパンミーティングの内容に関しては後日資料が頂けるとのことで安心しました(笑)

この日は、ホテルから少し離れた素敵なレストランでの夕食となりました。

2日目の夕食レストラン

素敵な雰囲気の店内で本当に蒔きで暖炉がついています

フルコースの前菜がこちら!

アペタイザーのチーズたち

生まれて初めて馬のサラミを食べました。美味!

熟成期間が異なる豚のサラミも☆

前菜でお腹がいっぱいになってしまいましたが、その後リゾット→お魚→お肉→デザート→Espressoと夜は23時半まで参加された皆さんとの談話の時間を過ごしました☆

さて3日目は… 新型モデルをじっくりと観察してきました <レポート②に続きます>